予定している活動のご案内です。
カレンダーオススメ新着エントリー新着コメント新着トラックバックカテゴリー過去ログリンクプロフィール管理人ログイン
CALENDARメニューを閉じる
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
CATEGORIESメニューを閉じる
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


<< 4月5月の予定 | main | 5月6月の行事 >>
エドヒガンの巨木を助けてください

せめてこのエドヒガンだけは救いたい。
私たちは上尾道路ルート周辺に生活し、長年、屋敷森にあるこのエドヒガンを見て育ち、その雄大かつ高貴な姿に、癒されるとともに、自然は人の手では作り出すことのできない人類と地球の宝であることを教えられてきました。
この希少な樹木を、私たちの時代に絶やすことの無いよう、何度となく大宮国道事務所に保護の要望をしてきました。

ところが、4月中の伐採されると聞き驚愕しています。上尾道路の開通を急いでいるのでしょうか。これが本当なら大変な子孫への犯罪です。


エドヒガンは日本の在来種で、寿命も長い木です。埼玉県にとっても県内に非常に少なくなった桜で、この木も直径約100センチを超える巨木で、北本市の天然記念物「エドヒガンザクラ」(標準和名:エドヒガン)に比較しても、優るとも劣らない大きさであり、株立ちからすると、むしろ優れていると言えます。
埼玉県は生物多様性国家戦略のもと、生物多様性県保全戦略を策定し、「大木の森を守り、育てましょう」とあります。又、上尾道路は「自然と共生する道路」として位置づけられています。
樹木は数百年の歳月を経て育ちますが、木を伐るのはわずかな時間で事足りてしまいます。林床を覆う表土に含まれる微生物も含め、森は人工の建造物とは異なり、人が作ろうと思って作れるものではありません。
せめてこの数百年を経たエドヒガンとその周辺の植物だけでも保護していただきたいと大宮国道事務所 埼玉県 上尾市 衆議院議員の大島敦氏にお願いに行ってきました。 
- | 19:20
- | -